ライフステージ別歯科診療

年齢を重ねるごとに、お口の環境も変化していきます。
ここでは、年齢ごとのライフステージに合わせた予防法や治療内容などをご紹介します。

乳幼児期

生えてきたばかりの乳歯はとてもやわらかく、虫歯になりやすい状況にあります。さらに、一人で上手に歯みがきができないため、親御さんが補助して、歯をきれいなまま維持してあげてください。
同時に歯科医院での定期検診をおすすめします。当院では、定期的なリスク検査とフッ素塗布などによる予防処置などをおこない、虫歯のない口腔内環境を目指します。

虫歯の原因は家族から

赤ちゃんのお口の中には、虫歯の原因となる細菌はいません。赤ちゃんが虫歯になるのは、ご両親を含むご家族に原因があります。ご家族が使った箸でそのまま小さなお子さんに食べ物をあげたり、大皿料理を家族で食べたりすることで、ご家族の虫歯菌が感染してしまうのです。
ますます親御さんの注意が必要ですね。

学童期

乳歯から永久歯へ生え変わるこの時期には、最も虫歯になりやすいといわれる「6歳臼歯」も生えてきます。歯のケアの難しい時期といえるでしょう。
虫歯予防のための定期的なフッ素塗布と6歳臼歯の深く複雑な溝を埋めるシーラントでの予防をおすすめします。
一人で歯磨きができるようになるので、正しい歯みがき方法の指導を受け、しっかりと覚えさせてください。また、定期検診は引き続きおこなってください。日常生活でも虫歯菌の繁殖を抑えるキシリトールガムを噛むなどして、お子さまの予防意識を高めてあげてください。
また、歯並びや噛み合わせ異常の治療のための矯正は、この時期におこなうのが最も効果的です。

青年~中年期

虫歯の他に歯周病にも注意が必要です。歯周病は初期段階での自覚症状がほとんどないため、気づいたときにはかなり進行している場合があります。放置していると、歯を支える顎の骨が溶け、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。
定期検診を受け、歯みがき指導やPMTCなどの予防処置をおこないましょう。
親知らずが痛むようであれば、早めに抜歯することも必要です。特に、受験や就職を控える大切な時期を台無しにするリスクをできるだけ減らしましょう。また、大学での就職活動の前にホワイトニングをしておけば、自信を持って会社訪問ができます。

高齢期

高齢になってもご自身の歯はできるだけ多く残しておきたいもの。そのためには定期検診が重要です。当院では、おおよそ3カ月に一度の定期検診をおすすめしています。
その他、入れ歯による不快感などがあればいつでもご相談ください。
また、当院では歯のクリーニングやブラッシングの指導を歯科衛生士が実施・サポートしております。コミュニケーションを大切にしておりますので、お困りのことなどがあればお気軽にご相談ください。

妊娠期~母子ともに健康でいられるために

妊娠期は歯を悪くしやすい時期です。ホルモンや体調不良などの理由で口内環境が悪化し、虫歯や歯肉炎を発症してしまいがち。できるだけ歯を衛生的に保つ努力をお願いします。安定期(4~7カ月)になれば、むしろ積極的な治療をおすすめします。出産時に歯痛で苦しんだり、出産後は育児に追われて重症化してしまったりすることも多いからです。
レントゲンや麻酔は妊婦さんにも対応できますが、薬は原則として使えませんのでご注意ください。
※産婦人科医との連携で治療を進めていきます。受診時は必ず母子健康手帳を持参してください。

妊娠中のママの歯とおなかの赤ちゃんの歯の関係

歯はおなかの中で作られます

妊娠7週目頃に入ると歯 の芽ができ始めます。この時の赤ちゃんの体長は11mmぐらいの大きさです。

妊娠3~4ヶ月ごろには永久歯胚は作られはじめ、4~5ヶ月頃には石灰化と いって歯が硬くなっていきます。

そして出産間近になると、歯茎の中にしっかりと乳歯が形付けられ、永久歯の芽も植わっている状態となっています。

妊娠中のママの歯と栄養

栄養補給をバランスの良いものにすることで、お腹の中にいる赤ちゃんの歯質を丈夫なものにします。

歯の芽を大切にしっかりと育てるためには、歯の形成に特に必要なカルシウムやタンパク質、ビタミンなどを多めにとり、バランスのより食生活を心がけましょう。

 

  • 良質なタンパク質は歯の基礎をつくります。
  • ビタミンAは歯のエナメル質の土台となります。
  • カルシウムは歯の石灰化を促します。
  • ビタミンCは歯の象牙質の土台となります。
  • リンもカルシウムと同じく石灰化に効果的です。
  • ビタミンDは石灰化の調整やカルシウムの代謝に効果的です。

出産前には歯の治療を終えておきましょう

つわりのツライ時期が終わり、歯磨きをしても気分が悪くならなくなったら、歯科医院で現在の口腔内検査をしてもらいま しょう。

また、お子さんを出産した後は、慣れない育児と家事でなかなか時間をつくるのが難しく歯医者へも行けなくなるものです。出産前にお口の中をキレイ にするということは、これから生まれてくる赤ちゃんへの虫歯予防にもなります。

赤ちゃんのむし歯

虫歯となる細菌は、赤ちゃんへあげる食べ物の口移しやスプーンの併用、キスなどによる唾液を介して感染します。

ママやご家族の口の中に虫歯となる細菌がたくさんいると、それだけ赤ちゃんへの感染リスクが増えることになります。

 

赤ちゃんに感染させないために!

生まれてくる赤ちゃんの歯を守るためには、出産前にママを含むご家族全員がお口の中にいる虫歯の細菌を減らすことがとても大切です。

赤ちゃんの歯はやわらかく、虫歯になりやすい上に、虫歯になってしまうと他の歯へも広がる可能性があります!

生まれてくる赤ちゃんの歯を強くたくましくするためには、家族全員でママの妊娠中からお口の中をきれいな状態にしておきましょう。

妊娠中のお口の中を放っておくと大変なことに・・・!

妊娠をすると歯茎は腫れやすくなります。つわりにより歯磨きがおろそかになるのも原因の一つですが、妊娠によって起こるホルモンの変化が大きく影響しています。

妊娠すると歯や歯ぐきが悪くなりやすいのはどうして?

  • つわりによる歯磨き不足により歯や歯ぐきに影響がでます。
  • お口の中が酸性になりやすいので歯への影響がでてきます。
  • 間食が増えることでも歯や歯ぐきに影響がでます。
  • 女性ホルモンが増加することで歯ぐきに影響がでます。

歯周病に気をつけなくてはならないのはなぜ?

感染症の一種となる歯周病は、妊娠中のママの血液を通して、赤ちゃんのいる子宮へたくさん流れ込んでいます。

それにより、妊娠中のママが歯周病に感染していると、お腹の中の赤ちゃんへ胎盤を通して感染する場合がありますので注意が必要となります。

 

※重い歯周病は早産の原因に

重い歯周病を患っていると、歯周組織内で起こった炎症が、血液を通して炎症物質を全身へ徐々に広げていきます。

炎症性の物質となるサイトカインが細胞から作 られると、子宮収縮物質であるプロスタグランジンE2の再生を促進し子宮収縮と子宮頸部の拡張を引き起こしてしまい早産になるといわれています。
このような理由により、重い歯周病になると早産を招くことになります。

 

歯周病が炎症することによりサイトカインが再生し、子宮収縮物質となるプロスタグランディンの再生を促します。

妊娠中のママのプロスタグランディンの血中濃度が上がってしまうと、出産の準備が整ったとみなされてしまう。

それにより、子宮収縮や陣痛がおこり、早産を引き起こす。
生まれてきた赤ちゃんはが早産や低出生体重児だった場合、感染による抵抗力が低いため病気になりやすくなるといわれています。

早産や低出生体重児の原因は様々ですが、歯を治療しておくことで防げることもあるかもしれません。

 

~今ママができる精一杯のことをしてあげましょう~

ブライダル~大切な日を笑顔で過ごすために

人生のステージにおけるひとつのハイライトが結婚です。そんな大切な日を笑顔で迎えるために、計画的なホワイトニングをおすすめします。
人生の佳き日は、やはり最高の笑顔でお過ごしいただきたい。誰よりも美しく輝けるよう、当院がお手伝いたします。

福岡県久留米市医療法人辻歯科監修 審美歯科専門サイト 日本臨床歯科CADCAM学会 ISCD 福岡県久留米市医療法人辻歯科医院Facebookページ 福岡県久留米市医療法人辻歯科医院スタッフブログ 福岡県久留米市医療法人辻歯科医院 院長コラム
初診予約システム