歯を失ってしまった方へ

歯が抜けた状態を放置するとどうなるか

歯が抜けた状態を放置するとどうなるか歯が抜けたまま放っておくと、抜けた歯のほうへ前後の歯が倒れてきます。
また、上下で相対する歯が伸びてくるため噛み合わせが悪くなり、残っている歯の負担が増えます。抜けた場所と本数にもよりますが、食事がしにくい、しゃべりにくいなど、日常生活にも支障が出ることもあります。

インプラントという選択

ブリッジや入れ歯とは異なり、治療中や治療後に他の歯に影響を与えないため、ご自分の歯を1本でも多く残したい方にインプラント治療をおすすめしています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 顎の骨に埋入したインプラントが支えとなるため、入れ歯のようにガタつきや痛みが出ることがなく、しっかり噛めます。
  • 食事のときも健康な歯と同じように、食べ物の味覚や温度を楽しめます。
  • ブリッジのように治療のために健康な歯を削る必要がなく、残っている歯の負担を減らすことができます。
  • 審美性が高い素材を使用できるため、天然歯に近い見た目を得ることができる点もメリットです。

デメリット

  • 保険外となりますので治療費が高額となります。
  • 外科手術が必要なため治療期間が長くかかります。
  • 顎の骨が少ない場合は、骨の造成を行う必要があります。治療期間はさらに長くなりますが、その場合は、ドクターよりきちんと説明をいたします。

入れ歯(義歯)という選択

入れ歯(義歯)という選択失った歯が数本であれば部分入れ歯、上顎または下顎、すべての歯を失った場合は総入れ歯となります。
3本以上の歯を失い、少しでも早く、できるだけ安く失った歯を補いたい方におすすめしています。

入れ歯(義歯)のメリット・デメリット

メリット

  • 保険で治療できるため比較的安価です。
  • 短期間で失った歯を補うことができます。

デメリット

  • 保険の部分入れ歯の場合、金属のバネが目立ちます。
  • 総入れ歯の場合は、自分の歯の約1/3程度まで噛む力が弱くなってしまうことが挙げられます。
  • 素材によっては違和感や痛みを感じる方もいらっしゃいます。
  • 会話や食事が楽しめないという方もいらっしゃいます。
  • 毎日取り外して行う清掃が面倒といった声もよく聞かれます。

ブリッジという選択

ブリッジという選択失った歯の前後にある歯を削り、その歯を支柱として人工歯を橋のようにかける治療法です。
抜けた歯が1~2本程度で、その両隣に健全な歯がある場合に行うことができます。
ブリッジは入れ歯のように取り外すことはできず、一度削った歯は元に戻らないので、その点を考慮する必要があります。

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • 保険で治療が可能です。
  • 比較的短期間で治療が終わります。
  • 安定感がある固定式の歯を入れることができます。

デメリット

  • ブリッジを被せる土台を作るために、健康な歯を削る必要があります。
  • 治療後も、噛むことで両隣の歯に負担がかかり続けます。
  • ブリッジの周辺は汚れがたまりやすく、虫歯や歯周病のリスクが増えます。

院長の考え

それぞれのメリット・デメリットを比較するとわかるように、入れ歯やブリッジのデメリットを改善したものがインプラント治療です。
インプラント治療は保健適用外となるために高額になりやすいのですが、メンテナンスをきちんとしていれば、入れ歯やブリッジより耐用年数が長いという特長があります。
当院の患者さまには、インプラント治療後、特に問題がないまま20年が経過した方も数名いらっしゃいます。
辻歯科クリニックでは、歯を失った患者さまにはまずご希望を伺った上で、各々の治療法のメリット・デメリットをきちんとお話しし、最適な治療法をご提案しています。

  • インプラント治療について他院で難しいと言われた方へ
  • 安心してインプラント治療をするために医院選びのポイント
  • インプラント治療をする前に知っておきたい基礎知識
  • 辻歯科クリニックFacebook
  • 院長ブログ
  • 辻歯科クリニック歯科コラム
  • JSCAD
  • ISCD
  • 医療法人辻歯科医院辻歯科クリニックOFFICIAL SITE
  • 辻歯科クリニック監修審美的な治療について口元美人を目指しませんか?